Journey in the Life.

Faroe Islands
フェロー諸島

The story of the great tiny islands in the North atlantic ocean.

The Paradise of birds

Bird Paradise, Faroe Island is a great destination for bird watching. Every summer, millions of pairs of birds fly to this tiny island ads a breeding location, also as a resting spot on their migration route. And many species live on this island.

I felt a “Hidden world”, such as I’ve never seen.
I just realized that this tiny island was a paradise of the birds of the earth..

BOAT

BOAT

CHURCH

CHURCH

SHEEP

SHEEP

Overview

フェロー諸島は、北大西洋のアイスランドと北欧のノルウェーの間に浮かぶ、火山でできた18の島々の群島で、デンマークの自治領として独自の政府を持っています。合わせて約1,400K㎡という東京都を一回り小さくした位の広さを持ち、多くの島々の間にある海も、島々を結ぶトンネルやフェリーで道路と航路が網羅されているので交通が便利でした。空港のある西のヴォーアル島から、道路でいける最東のヴィウォイ島(Viðoy Island)までのんびり車を運転して3時間位でした。気候は6月中旬〜7月中旬の滞在時は平均10度前後の冷涼な気温でした。メキシコ海流の通るフェロー諸島は、年間を通して平均気温 -5度以下にはならないとのことで、冬は雪は閉ざされるほど多くは積もらないそうですが、厳しいストームが続くことがあるそうです。日本からフェロー諸島への行き方は北欧や各国経由の航空路線があります、成田からデンマークのコペンハーゲン経由のスカンジナビア航空で同一航空社で乗り継ぎしました。通貨はフェロークローネでデンマーククローネと同等に使うことができました。岩壁や、広がる草原には多くの渡り鳥が息をのむほど飛来していて、繁殖の時期、色合いが独特な渡り鳥のパフィンの群が、海で小魚を採っては巣に戻り、子育てに飛び回っている姿は空を覆い尽くすようでした。人口の2倍いるという羊が行き交う広大な丘を登ると、海に浮かぶ荘厳なフェロー諸島のフィヨルドの姿を見渡すことができました。
Faroe island is a self governing archipelago, and a part of the kingdom of Denmark. It comprises 18 volcanic islands, between Iceland and Norway in the North Atlantic Ocean, connected by road tunnels, ferries, causeways and bridges.
Hikers and birdwatchers fascinated to the island’s mountains, valleys, grassy heathlands, and steep coastal cliffs that harbor thousands of seabirds.

More> 2018.9.17にフェロー諸島写真紀行連載更新します

SOCCER

SOCCER

WEATHER

WEATHER

HIKE

HIKE

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

Story

フェロー諸島 Faroe Islands

5人が住む、”鳥の島”フグロイ(Fugloy Island)

その日は、北の島への航路のある、ヴィウォイ島(Viðoy Island)の港町Hvannasundのフェリー着き場に車を停め、フェロー諸島最北の島、フグロイ島に渡りました。水や食料、燃料など生活に大切な物資の輸送を担っているフェロー諸島のフェリーは、港に到着後、荷の積み降ろしが終わり次第、乗船が始まります。このフェリー航路はスヴィノイ島の東岸、フグロイ島の東岸にあるHattarvík、同じく南岸にあるKirkjaにある船着場を順に周り、Kirkjaからまた順に折り返して戻るので、私はその日の2巡目のフェリーがフグロイ島の南岸のKirkjaに到着する頃に間に合うように、HattarvíkからKirkjaまでハイクし、Kirkjaからフェリーに乗ったらSvinoyで途中下船して、そのフェリーがフグロイ島を周り、スヴィノイ島に折り返し戻ってくるまでの間、島を散策して、その後フェリーに乗ってHattarvíkへと戻ろうとプランしていました。
More> 2018.9.17にフェロー諸島写真紀行連載更新します

フェロー諸島 Faroe Islands

雲の姿、風景の様子の単語を持つ、豊かでユニークなフェロー語

”フグロイの名前は、フェロー語でFuglが鳥、oyが島を意味するんだよ、鳥がたくさんいるってことだよ。-oyがつくと、”島”、-vikは、”湾”、-nesは、”岬””
”Vikは、ひっこんでるほうで、Nesは出てるほうだよ”
”枕のような形の雲がある天気はね、、”

フグロイ島の東岸Hattarvíkの船着場から、南岸のKirkjaの船着場まで歩いていると、サーっと霧が立ち込めてきて、あたり一面が真っ白になりました。一本道なので迷うことはなかったのですが、距離感がわかならくなりそうだなと思っていました。真っ白な視界の中をもくもくと歩いていたら、お散歩をしていたファミリーにふっと出会いました。ご挨拶をかわし、Kirkjaまでどのくらいの道のりかお尋ねしたところ、休暇に訪れているKirkjaのサマーハウスに戻る途中とのことで、”ご一緒しましょう!”とお誘いいただき、道すがらおしゃべりをしながら、フェロー語をジェスチャーを交えて教えて頂きました。”Kirkjaは教会という意味なんだよ”、”それからフェロー諸島の地名は、名前からどうゆう地形の場所なのか想像がつきやすいよ”、など、フェロー語はGoogle翻訳にない言語なので、単語の意味をもっと知りたいなと思っていたので嬉しいとお話ししていたら、フェロー諸島の方々がボランティアで参加しているフェロー語を多言語翻訳できるサイトがあるよ!私たちもこれを使っているよと便利なサイトを教えて頂きました。(フェロー諸島での滞在に便利なツール、リンク一覧を掲載します)。
自然の草が生える間を通るその道は、季節がら紫のお花がたくさん咲いていて、小さなお姉ちゃんが、お花のブーケを作ってそっと置いて、走り回って元気いっぱいな妹が見つけられるように素敵なサプライズをしていました。
More> 2018.9.17にフェロー諸島写真紀行連載更新します

フェロー諸島 Faroe Islands

”一言で表すなら、家族。家族がいる、友だちがいる、このスヴィノイにいるのが、私は一番好きなの”


More> 2018.9.17にフェロー諸島写真紀行連載更新します

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

Road Trip

  • Mykines Island

  • Vágar Island

  • Streymoy Island

  • Eysturoy Island

  • Kalsoy Island

  • Kunoy Island

  • Bordoy Island

  • Vidoy Island

  • Fugloy Island

  • Svinoy Island

  • Suðuroy Island

  • Sandoy Island

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest